着なくなったレトロな洋服の処分は買取がおすすめ

若かりし頃の華やかな思い出の服は、どうしましょうか。
 
 

 

記念にとっておきたい思い出の服ってあると思いますが、着ない服ばっかりタンスやクローゼットに溜まっているのは良くありません。

過去にとらわれて運気が落ちるからです。

80歳90歳でも新しい体験や出会いはいくらでもあるものです。古い思い出にばかり浸っていては楽しい老後のチャンスを失います。

古い思い出は、自分の記憶に仕舞いこむのではなく、話のネタにすべきです。すると、若い者達は、面白がったり感心したします。

小さな子供に戦争体験を話してもピンと来ないかもしれませんけど、知識欲旺盛な大学生や、人生に色々迷いだした30代40代のあたりは、経験に基づいた知恵に飢えているものです。

古い服も、アンティークとして欲しい人がいっぱいいます。自分で着れるならどんどん着て生かしてあげましょう。今さら自分には似合わないとか、体型が合わないというなら、世の中に解き放して再び日の目を見せてあげるのがよいです。

いらないものは捨てるべきです。捨てると新しい物が入ってきます。単に廃棄処分ではもったいないので、流通させましょう。

バザーに出すとか、オークションに出すとか、古着屋に持って行くとか、めんどくさければ、買取サービスが家まで来てくれます。

まとめて査定してくれて、結構いい値段で買い取ってくれますよ。呼べばすぐ来てくれます。

>>思い出の服を高く買い取りしてもらう

コメントを残す