糖尿病の症状と治療


日本人の1割、潜在的に危険性のある人を含むと2割が糖尿病だといわれておりまして、そのうち95%はインスリン非依存型糖尿病です。

非依存型というのは、いわば生活習慣病です。

食生活が悪いとか、運動不足が主な原因です。

5%のインスリン依存型は若年性糖尿病ともいわれまして、脾臓がウイルスにやられたり免疫不全だったりで10代からかかることもある糖尿病です。

糖尿病とは

糖尿病というのは、コレステロールや脂肪がたまって、脾臓が悪くなってインスリンがよくでなくなって、血糖値が上がり血がドロドロになり、毛細血管に流れなくなって失明したり、手足が壊死したり、心筋梗塞や脳卒中になるという恐ろしい病気です。

初期には自覚症状がないので、あんまり自分ではわかりません。

健康診断で引っかからないと、かなり具合が悪くなるまで気づかないままのことがあります。

やたらのどが渇いて水ばっかり欲しくなるとか、トイレが近くなって、尿の匂いが変だとか泡立っているとか、太っていたのが急に痩せてきたという兆候はあっても気にしない人が多いのです。

糖尿病の治療

治療は食事療法と運動療法です。

インスリンが体内で作られない時は、インスリンの注射をします。血糖値が上がり過ぎたり低くなったりしないよう、食生活には気を使います。

脾臓がいよいよダメになると人工透析を受けることになります。これは週3回、1回あたり3時間から5時間くらいかかります。

盆も正月もないし、水分制限もあり、かなりつらいです。

現在は各地の病院で透析を受け付けてくれたりして、旅行もできるようになってきましたが、やはり高齢になってからの透析患者の旅行は難しいです。

透析は一度始めると脾臓移植でも受けない限りやめられません。透析を開始するかしないかという選択はできるようになってきているようです。

 

糖尿病になる人は、若い時の無理がたたっております。家庭を顧みずバリバリ仕事をして毎日接待漬けの暴飲暴食の寝不足、ノルマでストレスいっぱい、日本経済を支えてくれた年代が、歳をとってからしんどい思いをしておられるのですね。

 

ですので、贅沢病だ、と責める気持ちはないんですが、やっぱり自己管理できてなかったのが原因なので、責任は自分にあるとも言えます。(生活習慣が原因の糖尿病の場合)

現在、症状が出ていない人も、生活に当てはまる所があれば、若いうちから養生しましょう。

【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

コメントを残す