糖尿病と歯周病の良くない関係

糖尿病と歯周病はお互いに悪い影響があります。

0-44

歯周病も糖尿病の合併症の一つに数えられるようになりました。

歯周病は歯と歯グキの間の溝に入った歯周病菌の感染による歯茎の炎症です。体の何処かに炎症が起きると、炎症性サイトカインという物質が作られて、それがインスリンの働きを弱めます。すると血糖値の上昇を抑えられなくなり、糖尿病は悪化します。

糖尿病が進むと、唾液が出にくくなり、口の中が乾いてさらに歯周病を悪化させます。また、糖尿病による血管の障害で末端組織までの血の巡りが悪くなることも歯茎によくありません。

歯周病が進むと固いものが食べられなくなり、柔らかいものや糖分の多いものを好むようになるので、ますます糖尿病が悪くなります。

 

スポンサーリンク

歯周病の治療で糖尿病も改善される?

というわけで、お互いに悪影響を与え合って悪循環です。上記の要因だけでなく、実際はもっと複雑に絡まり合っています。どこかで断ち切らないといけません。

糖尿病の人は歯周病の治療をしましょう。抗菌薬や歯石の除去、超音波での治療などがあります。

生活習慣としては、歯磨きをきちんとしてタバコはやめる、食事の間隔も気にかけて、規則正しい食事をするようにするのがよいようです。

なにより、予防が大切ですね。虫歯の予防も大切です。

>>虫歯菌の除去に

コメントを残す