寝たきりの父が喜ぶ父の日のプレゼント

0-49
父の日のギフトって、毎年困りますね。母の日はカーネーションを贈るという風習ががありますが、父の日は、特に決まりがないですし。

定番は、お酒やグルメ、ネクタイや財布というところですが、私の父は、介護療養型医療施設にて入院中。誤嚥の恐れがありますので、食べ物の持込みはダメだし、酒はもっての外です。

去年までは、日本酒の珍しいのと決めておったのですが…。

ネットで入院している父母へのプレゼントと検索すると、パジャマとかスリッパとかでてきますけど、新しいパジャマって、特段嬉しくもないだろうし、スリッパをもらっても歩かれへん、っちゅうーねん。

病室へのプレゼントは制限あり

病室へは、お花とか、電波の出るものも制限されますね。

本人は、ポルシェかハーレーダビットソンか、グランドセイコーのええ時計が欲しいといいます。

老いてなお、物欲の塊だなあ。

もうクルマの運転は無理だし、バイクなんて乗ったこともないはずだし、病室で時間ばっかり見ているのもどうなのじゃろう。

高級時計なんて貴重品を病室に置いとくというのも、問題が起こりそうですし。

時計のカタログとか、ハーレーの本でも持って行こうかと思います。

ところで、本当に、入院しているおじいちゃんおばあちゃんが喜ぶものって、家族の写真とかじゃないかなあ、という気がします。

孫の、小さい時から、大きくなっていくアルバムとか、フォトブックとか。

小さいサイズのフォトブックなら、そんなに費用もかからず簡単に作れます。インターネットで。

>>父の日に、大切な思い出をフォトブックで

ビデオなんかもいいと思いますけど、病室だと、見るのが難しいかもしれませんし、写真がいいですね。

ほんとは、こまめに病室を訪れて、なんだかんだ賑やかにするのが一番喜ばれると思うのですけど。

コメントを残す