生前の遺産分割協議は無効です

たとえば、もうすぐお父さんが亡くなりそうだ、という場合、兄弟間で、資産の分割の相談などをするかもしれません。

それを合意書など書類にのこしておいても、それは法的に無効です。

なんでかといいますと、まだ親が生きているのにかかわらず、子供が勝手に遺産わけの相談をするってのは、非道徳だとされているからです。日本では。

同じく、生前の相続放棄も無効となります。

遺産分割は、相続が発生してからの話になるのです。

 

遺産の配分を生前に決めておけるのは、この世を去る本人だけです。遺言です。

ただし、全部兄に、とか、弟に、ということはできませんで、遺留分を侵害しないような遺言であることが必要です。

一方的な遺言だと、後に禍根を残す恐れがありますので、親兄弟が集まって相談して納得して資産配分を決めるのが一番良いでしょうが、まとまらねば、本人の一存でもいいのかも。

そのあたりはケースバイケースですね。

親兄弟は仲良くしていないと苦労します。

 

なんにも考えないうちに突然、相続が発生すると、大変です。とくに不動産が多かったりすると、揉めるもとです。

とりあえず、兄弟の共同名義にしておこうなんてのが、一番後々問題になります。

兄弟が仲が良くても、その配偶者やら、その実家やら、いろいろ思惑が絡んでくると、ややこしい話になるものです。

生前に遺産分けはできないですけど、親と子で生前譲渡しておくなり、譲渡の約束だけでもしておくなり、売買契約をしておくなりが良いかもしれません。

書類に残しておけば、生前の意志が、のちのち確認できることになるでしょう。

いずれにしても、危篤状態とか、寝たきりで意識がないとか、そうなことになる前に、早めに動くことが肝心です。

コメントを残す