老後の趣味の選び方

0-15定年後にぜひやってみたいということと、趣味にしたいということとは、ちょっと分けて考えたほうがよいでしょう。

時間がゆっくり取れるようになれば、お遍路参りに行ってみたい、豪華客船で世界一周したい、寝台列車で北海道に行きたいなど、これを目標に楽しみにして日々過ごすのは素敵なことですが、こういうイベントは実現してしまったら、次がないのです。

毎年豪華旅行するには、よほど資産があるか、収入がないと厳しいでしょうし、お遍路参りを毎年というのもしんどいんじゃないでしょうか。

私の知っている人で毎年お遍路に行っている人はいますが、現役の経営者の人でマイカーで一週間で回るというハードスケジュールの恒例行事です。

次の計画をたてるのも楽しいことではありますが、趣味にするなら、日常的に継続して楽しめるものでないと、長続きしないでしょう。

それと、日常的なものであっても、受動的に楽しんで終わり、というものより、自分が手や頭を使って、上達があったり、作品が出来上がっていったりするもののほうがよいと思います。

高齢者の趣味としては、生きがいとか、ボケ防止、コミニュケーションのネタになるということも大切なことです。

ですので、読書や映画鑑賞といったものが趣味なら、読んで終わり、見て終わりではなく、その感想をブログに書いてみたり、感想を話せるお友達を作ったりするのがよいですね。

こちらのカテゴリーに、いろいろな趣味を載せております。

楽しそうだな、と思えるものがありましたら、参考にしていただけると幸いです。若い頃からの趣味に没頭してみるのが一番いいように思いますが、定年後から始められるものもありますし、定年前からぼちぼちでも始めておくと、より豊かな老後になるというものも、あるかと思います。

コメントを残す