リフォーム詐欺の手口

012詐欺師から詐欺のターゲットに認定されますと、次々と詐欺業者がやってきます。玄関先のプレートなどに、暗号を入れられるそうで、同業同士助けあいシェアのしあいをしているのですね。怖いことです。

まず、軽いところで浄水器詐欺。

独居のおばあさんの家に詐欺師がこんにちはーと現れます。このあたりいったい営業で回っているんですよーなどといって油断させます。世間話をしつつ、おばあちゃんの不満やら悩みを聞き出して、共感して親近感をもたせます。上手な詐欺師は聞き上手です。

健康の不安なども聞き出します。健康に不安がないお年寄りはいませんので、ここぞとばかりにしゃべってくれます。相槌を打って、毎日飲む水が大切ですよ、水道水は体に悪い成分がいっぱいです、なんていって、不安を煽ります。

おばあさんの心が不安でいっぱいになった頃、実は今、商品を持ってるんですよ!善は急げ、今取り替えてしまいますか?なんていって、すばやく取り替えてしまいます。ホームセンターで5,000円くらいで売っている商品が20万円になります。

なぜかおばちゃんは現金を持っていて、その場でニコニコ現金払い。あとからやってきたヘルパーが台所仕事で気がついて、これなに?と聞いて発覚。

もちろん、領収書も名刺も保証書も商品の外箱も、詐欺師の手がかりになりそうなものは一切ありませんので、後の祭りです。

消費者センターに相談しても、これは詐欺ですから、クーリングオフもへったくれもありません。警察に相談しても、なんともしがたいので、せいぜいパトロールを強化しますというくらい。

本人はというと、あんないい人がだますわけがない。いいものつけてもらったんだと思っています。だまされていることを自覚しないとどうにもならないんですね。

浄水器の次は水回りのリフォームです。仕事が速いのでその日のうちにリフォームしてくれます。まっとうなリフォーム屋さんに判定してもらったら、これはヒドイと絶句。

 まっとうなリフォーム業者選び>>ベスト@リフォーム

その次は壁と天井のリフォーム。外壁塗装です。そうこうしているうちに、ためていた財産も使いきってしまって、相続人が途方に暮れるということになるのでありました。

 まともな外壁塗装業者を選ぶなら>>外壁塗装・屋根塗装の無料一括見積もり

詐欺師は気持ちの弱っているお年寄りの心の隙間に付け入って、上手に騙します。詐欺までいかなくても、高額商品の販売などもあります。高額商品の販売なら、クリーンオフとか、裁判で訴えるとかできますけど、金を取ったらドロンする詐欺は、どうしようもありません。

だれかが気をつけてあげないといけないです。

コメントを残す