中年童貞と介護職

034ルポライターの中村淳彦という人が書いて大炎上したという「ルポ 中年童貞」は、もともと中村氏が経営する介護の会社での問題を探っていったことがきっかけだったそうです。

しょーもないことでいさかいを起こしていたのは、35歳すぎの低学歴の未婚男性であったと。
「実家暮らし、未婚、女っ気がない、外見スペックが低い。話を聞くと女性経験もない」(ヤフーニュースより引用)

私の会社にいた中年童貞は、温和でいさかいは起こしませんでしたが、どんくさくてトラブルを良く起こしていました。

彼もやはりコミニュケーションが苦手という印象がありました。相手の立場に立った物の見方や発言が少ないですね。ヘマをしないようにしよう、など、意識が自分だけに向いているんです。

お客さんはどうだった?ときいてもまったく覚えていない。

いさかいを起こすタイプも同じようなもんではないでしょうか。おれは偉いんだ、みたいな劣等感の裏返し意識がおもてだって、人のことには関心なし、という…

私自身もけっこう独身の時期が長くて、やっぱりコミニュケーションが苦手の方でしたので、わからんこともないです。いまはいろいろもまれて、ずいぶんマシになったと思っております。

こんなふうに書くと中年童貞に対する差別、みたいに思えますが、血液型の性格判断と違って、意識や考え方は後天的に変えられますので、なんとかなると思います。

コミュニケーション下手は中年童貞だけではなく、既婚女性でもあります。こちらは筋金入りなので、童貞より変化は難しいように思います。

介護の世界は特に多いような気がしますねえ。我が強すぎて自分の考えを押し通そうとする人が、なんとも多いです。

自分だけが正しくて人の話を聞かない人、多いですね。チームとしてはやりにくいです。

そんなひとをリーダーにすると大変。一見てきぱきしていて、指導力があるようにみえるんですが、全然ダメです。崩壊します。ちょっと頼りなげでも、他の人が手伝ってあげるようなキャラクターのほうがいいですね。

童貞の話からそれましたが、女性と付き合えるというのも人間力、人徳ですから、女嫌いでないのなら精進するべきだと思います。

(写真に悪意はありません。)

コメントを残す