老後破産する高齢者が4割!?

0-79高齢者の4割が老後破産状態にあるというニュースを見ました。4割とはびっくり。
定年まで働き貯蓄があっても破産してしまう人が多いとのこと。

どういうことかといえば、収入より支出が多くて、貯蓄を食いつぶしてしまうという単純なことです。
年金生活の場合、2014年度の国民年金の月額は満額で6万4400円、夫婦2人で12万8800円です。
これ以下で生活していれば大丈夫ということですが、健康保険料もいりますし、家賃を払っていたらとても厳しいですね。

厚生年金なら夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額は22万6925円とのことですので、やや多いですが、余裕とはいえないでしょう。公立教職員共済などの年金は、もっと多くて、公務員って老後のことを考えるといいな、と思えますね。優遇されております。

支出が多くなるのは医療費です。子供への援助、住宅ローンも大きな支出です。年金生活になる前に、生活設計を立てておかないと大変です。思った以上にお金って出て行くものです。

使いきってしまって、どうにもならなくなれば生活保護に頼ることはできますが、そんなかんじでどんどん生活保護を受ける人が増えていくと、社会保障費が増えすぎてどうにもならなくなるでしょう。

私が子供の頃は、生活保護を受ける人って、ごくわずかで、特別に事情があって大変な人、というイメージでしたが、今日では、あまりに一般的になりすぎているような気がします。

将来、生活保護制度が破綻する日が来るんじゃないかと心配しています。今の若い人は、国や行政に生活を頼ろうという考えは今後も持たないほうがいいと思います。それどころか、企業や会社に勤めて生活の保証を得ようという考え方すら危ないと思うんです。

なんとかなるさ、という考え方もありますが、介護の現場にいると、なんともならんケースは結構見てきました。

コメントを残す