高齢者とオートマチック車

0-1076歳の私の父の乗っている軽自動車のバンの車検が近づいてきまして、クルマ屋さんからいい車が入ったと案内があったんです。

10年落ちの軽自動車のバンなのですが、走行距離がまだ1万km台で、程度は抜群。バンでもちょっと上級グレードで、モケットシートの乗用タイプです。

おねだんも手頃だし、これはいいなあ!と思ったんですが、問題がありました。
オートマチック車だったんです。

うちの父親は、ずーっとマニュアルミッション車(年寄りはチェンジという)を乗り継いできていまして、たまにレンタカーなどに乗ることもあったようですが、この年で頭の切り替えができるかどうか。

ちょっとこのごろ不安定なんです。物忘れや勘違いが多いし。
ギア操作の違いが、とっさの時に悪影響が出るんではないかと心配です。

マニュアル車の場合、前進とバックを間違うことはあまりないでしょうし、まちがえてもクラッチをつないでいく感覚で気づけると思うのですが、AT車だと、そのまま突っ走ってしまいそうです。

アクセルとブレーキを踏み間違えて、コンビニの店内に突っ込んだ、なんていう事故も、マニュアル車ならあんまり考えにくいのではないでしょうか。

年寄りは楽しないで、左足と左手もせっせと動かしたほうが良い、と思っているんですが、どうでしょうね。
もっと言えば、ヒマなんだから、車に乗らずに歩くほうが良い、ともおもいます。自分の健康と、社会の安全のためにも。

コメントを残す