カールじいさんの空飛ぶ家

053年末でテレビで見たら、おもしろかったです。ディズニーは、子供ができてからちょいちょい見るんですけど、面白いですねえ。今まで敬遠していて損してました。

それにしても、ディズニー映画の主演が、介護を受けるような老人とは、時代を反映していますね。

映画は、冒険家に憧れる無口でシャイな男の子が、同じ冒険家に憧れる女の子に、仲間にしてもらうというところから始まります。

ふたりはおとなになって結婚し、子はできなかったんですが、幸せに暮らし、やがて年老いて、妻は先になくなります。

独居じいさんとなったカールじいさんは、体はいうこと聞かないんですが、ちょっと気難しい。開発地にかかっている自宅を手放さんと、ごねているんですが、傷害事件を起こして、老人ホームに入ることになります。

老人ホームからお迎えがきたその日、ごっつい数の風船に家を吊るして、家ごと逃亡! なぜか近所の男の子が、ついてきてしまいました。

かつての憧れだった冒険家を発見して、じじい同士のバトルがあったり、活劇もあって、スリリングです。

ラストは、亡くなった妻との夢も叶えて、じいさんもすっかり明るく元気になって、男の子もたくましくなって、めでたしめでたしなのでした。

カールじいさんの空飛ぶ家 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2011-12-02)
売り上げランキング: 1,164

[カールじいさんの空飛ぶ家] ブログ村キーワード

コメントを残す