大家さんの高齢化

大家さんって、お年寄りが多いです。

若い世代で、副業で不動産投資にチャレンジするような人は、最新情報を集めて、最大効率を狙うものですが、むかしからの大家さんってのんびりしていて時代にそぐわなくなってきたりしています。

高齢の大家さんが、跡継ぎもおらず他に面倒を見てくれる人もおらず、アパート経営しているのにもかかわらず餓死、なんてニュースもありました。

もうちょっと早く誰かに相談できなかったものかと、疑問ですが、誰もいなかったんでしょうね。お気の毒です。

自分で管理できなければ、管理会社に任せてしまえばよかったのに、と悔やまれます。

年寄り大家を狙う不動産屋

空いている土地や、閉めたお店や工場跡に、マンションを建てませんか、家賃は一括借上で保証します、という話が出回っております。

家賃保証一括借上は、これから建てるマンションの話です。古いアパートなぞ、家賃保証なんてして赤字を出したら困りますから、大手不動産屋は手を出しません。

マンション建築費用で、不動産屋は利益を出すわけで、一括保証は餌みたいなもんです。数年たったら条件変更など持ち出して、契約打ち切りというのが常套手段です。

融資を受けて、新しいマンションを建てたら、一括保証を20年とか30年とか、という話ですが、そんなあなた、20年とか・・・

相続対策に、なんていう触れ込みで来ることも多いでしょうが、裏読みしたほうが良いですね。まかせっきりはコワイです。

家賃保証会社のすすめ

すでにアパート経営などしておられる大家さんのお年寄りが煩わしくなってくるのは、家賃滞納時の交渉でしょう。

これからの入居者募集の際は、家賃保証会社の審査を受けてもらうのがオススメです。仲介屋さんの方で頼んでくれることもあるでしょうが、自分でも提携しておくこともできます。

賃借人に家賃保証会社に契約してもらうことにしておけば、家賃保証会社が事前に審査してくれるので、滞納するような人がくる可能性が減ります。

もし、滞納があれば、家賃保証会社が督促回収してくれます。回収前に立て替えてはらってくれる家賃保証会社もあります。

年とった大家さんから、滞納入居者にやいのやいの言うのは気が重いですからね。代わりにやってくれるのはありがたいです。

 

古いアパートでも、大家さんに代わって、最新のリフォームなど入居者が増えるような工夫をしてくれて、家賃も保証で一括借上げしてくれる会社は、今のところあんまり聞きませんが、そういうところが今後はできてくるんじゃないでしょうか。

 

コメントを残す