贈与非課税

0-77高齢者が子や孫に結婚や妊娠・出産、育児の費用をまとめて贈与する場合、贈与税を非課税とする制度が、来年度から導入されるようです。子や孫1人当たり1000万円を上限に非課税枠を設ける方向で調整するとか。

住宅購入資金や教育費を一括贈与した場合の非課税制度も現行制度の期限を延長し、住宅については枠を1500万円に拡大する。ということです。

これはありがたいですねー。稼ぎの悪いパパ・ママが、おじいちゃんおばあちゃんの援助を受けやすくなります。

あまりお金を使わない世代から、お金がとっても必要な世代にわましやすくなるというのは、日本の将来を担う子どもたちの育成もしやすくなるし、経済も活性するだろうし、いいコトだらけじゃありませんか。

国の税収も、相続税なんて、生活を破綻させたり人間関係を破壊させるような徴収の仕方ではなくって、経済を活性化させることによって税収を増やせばいいですね。

コメントを残す