散骨 海洋葬

016
高倉健の最後の映画、「あなたへ」をテレビの追悼番組で見ました。
心に残る映画ですね。

あなたへ DVD(2枚組)
あなたへ DVD(2枚組)

posted with amazlet at 14.11.24
東宝 (2013-03-22)
売り上げランキング: 195

最後、船に乗って、奥さんの遺骨を海に流すシーンが有ります。
海に手を浸けて、丁寧に丁寧に流していくのが印象的でした。

むかし、アメリカの映画で「ホームスチール(邦題:君のいた夏)」という、ジョディ・フォスターのデビュー作を見ました。

この映画も、最後は散骨のシーンなんですけど、桟橋の先から、ブワーッと灰をぶちまけて、骨壷もハンマー投げみたいに放り投げるんです。

アメリカと日本の気質の違いなんでしょうか。
これはこれで印象深い、いい映画なんですけど。

高倉健の映画では、釣り船に乗せて行ってもらって沖に出ていきますが、今は専門の業者があります。日本海洋散骨協会というのもあるようですね。

自分でかってに遺骨を海に流したりすると、法的にいろいろ問題がありますので、きちんと手順をおさえてご供養しないといけません。

骨壷まで放り投げるのは、アウトです。

コメントを残す