病気は死から身体を守っている

病気には、ならないほうがいいですが、病気になるのも意味があります。 たとえば、風邪を引いて咳が出て熱が出ているという状態は、病原菌を身体から追い出したり、高熱でやっつけようという体の防衛作用です。 咳も出ず熱も出なければ、菌は体の中で増殖して、人は死んじゃいます。 糖尿病になると足が壊死したり失明したりしますけど、これも身体の端っこの方から機能不全にしていって、心臓とか脳みそ

続きを読む

寝たきりの父が喜ぶ父の日のプレゼント

父の日のギフトって、毎年困りますね。母の日はカーネーションを贈るという風習ががありますが、父の日は、特に決まりがないですし。 定番は、お酒やグルメ、ネクタイや財布というところですが、私の父は、介護療養型医療施設にて入院中。誤嚥の恐れがありますので、食べ物の持込みはダメだし、酒はもっての外です。 去年までは、日本酒の珍しいのと決めておったのですが…。 ネットで入院している父母へ

続きを読む

悪質商法かと思ったら消費者ホットライン188に電話を

ドロボーは110番、火事救急は119番ですけど、188番というのもあります。 188番は「消費者ホットライン」です。詐欺まがいの悪質商法や、製品事故などの相談窓口につないでくれるダイヤルです。 188は「いややー」と覚えておくと良いです。 健康食品とか、リフォームの押し売りセールスマンが来たら、188に電話したらいいです。詐欺かどうか教えてくれるでしょう。 相手が脅

続きを読む

30年一括借上はどうなのか?

資産活用とか、相続対策のために、土地活用しましょう、マンションを建てましょう、入居者募集はマンションを建てる不動産屋がやります、30年は一括借り上げして家賃は保証します。 という新聞広告を見たりしますが、どうなんでしょうね。 私の知っている、土地持ちのわりと資産家の、でも今ひとつ世間知らずの奥様が、銀行と不動産屋のコンビから、そんな提案を受けているという話をしておりまして、やめたほ

続きを読む

介護殺人の悲劇を起こさないために

長年に渡る介護生活に疲れ果て、お金もなくなり、頼れる人もなく、将来に希望もなくなり、生きていても辛いだけ、となると誰にでも介護殺人事件は起こりえます。 介護生活が長引くと、社会との交流もなくなって、ものすごく狭い範囲でしか物事を考えられなくなります。できることはもうない、と、寝たきりや認知症の親、もしくは配偶者、もしくは子を殺して、自分も死のう、という考えに陥ってしまいます。

続きを読む

年寄りは上下でサイズ違いのトレーナーが欲しい

以前、近所のスーパーに父のトレーナーを買いに行ったことがあります。トレーナーというか、ジャージなんですけど、上下でセットになっているのです。 父は大人用おむつをしているので、ズボンのほうだけ少し大きいサイズにしたいという希望があったんですが、上下セットでしか売ってなくて、おばはんの店員には、方っぽだけ買われたら売りモンにならなくなる! と冷たくあしらわれました。 父には、上と下

続きを読む

介護療養型医療施設に転院した結果

誤嚥性肺炎のため救急病院にいきまして、しばし入院。点滴にて栄養をとっておりましたが、口からの食事はまだ摂れず。 という状態であっても、救急病院に長く入院しているわけには行かず、療養型の病院に移ったのであります。 うちの父親の話です。 介護療養型医療施設の費用 転院先の介護療養型医療施設は、医療保険でのフロアと、介護保険でのフロアがありまして、要介護認定を受けている父は、

続きを読む

介護療養型医療施設とは

在宅介護の仕事に携わっていた私には、あまりなじみがなかったのが、介護療養型医療施設です。療養病床とも言います。 私の父親が肺炎で緊急入院したのが、総合病院です。 そちらの治療により、肺炎菌はなんとかなったみたいなのですが、まだ自宅で生活できる状態ではありません。 そこで、勧められたのが介護療養型医療施設への転院です。 こちらは基本的には病院でありますが、外来

続きを読む

高齢者の肺炎はわかりにくいのです

肺炎といえば、風邪をこじらしてなるものというイメージですが、高齢者の場合はそうとも限りません。 私の77歳の父親も、前日まで普通にしていたのに、なんだかグッタリしていると思ったら、肺炎でした。 高齢者の肺炎は、発熱や咳、痰などの症状が出ないことも多く、わかりにくいようです。お年寄りは熱が上がりにくく、反応が鈍いのですね、 元気が無い、食欲が無いという状態からでも、いきなり

続きを読む

戦没者の遺族の方にお知らせ 特別弔慰金

終戦から70年ということで、戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の支給があります。第十回目です。前回は10年前でした。 市の広報などでお知らせがでていると思いますが、気づいてない人も多いんじゃないかな、と思います。申請期間は平成27年4月1日から平成30年4月2日までです。 受給資格のある人も、かなり高齢になっていると思いますので、早めに申請した方がいいように思います。 平成

続きを読む

2本杖であんしん歩行

私の父親の誕生日に、2本杖を贈りました。 少し前から、介護用の杖を使うようになっておりましたが、外を歩くときは、どうも頼りないんですね。 以前、アウトドアフェスティバルで見た、スキーのストックみたいなの、あれがいいだろうと思いまして、近所のアウトドア用品店に見に行きました。 モンベルです。 モンベルにもストックは置いてあったんですけど、トレッキング用ということで、山

続きを読む

水素風呂 入浴の効果

自宅のお風呂を水素水に!水素風呂MIRA-H 水素風呂が普通の風呂と何が違うんだというと、水素をカラダに取り込めるのです。 水素は、体の中の活性酸素が取り除いて、健康に良いということなんだそうです。 活性酸素って、年をとると害が大きくなってきます。酸素だからカラダに良さそうなイメージですが、活性酸素は酸素が変質して、強い酸化力を持つようになったものです。 酸

続きを読む

コタツで寝るのは命がけ

寒い冬の夜長は、こたつに入ってテレビで見ているのが気持ち良いですね。 そのまま、うつらうつらと寝てしまうと幸せです。 しかし! コタツで寝ると死ぬ恐れがあります。 コタツは温度が高いもので、汗をたくさんかき、脱水症状で心筋梗塞を起こすおそれがあるのです。 それに、狭いスペースで寝返りも打てませんし、腰とか痛くなります。 寝覚めもすっきりせあう、心

続きを読む

ヒートショックの予防に暖房を

ヒートショックとは、さむ~い冬にお風呂に入る時、温度差で血圧が急激に変化し、ショックで死んでしまうというものです。 心筋梗塞になるのです。 交通事故の3倍多いんだとか。 若者はどうっていうこともないでしょうが、高齢者には命取りです。 お風呂に入る前には、浴室は温めておきましょう。 エアコンがあればいいですが、ない場合はシャワーで温水をお風呂の床にぶちまけて、湯

続きを読む

新米高齢者運転手のリスク

このたびの軽井沢のバスの事故はたいへんなことで、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。 バス会社の運営の裏側が気になりましたので、ちょっと思うところを書いてみたいと思います。 いろいろな報道を見ていて思ったのが、事故は起こるべくして起こったのだろうなということです。なんていうか、ものすごくやっつけ仕事の印象を受けました。 儲かりそうなんで格安バス事業をはじめたものの、運

続きを読む