医療費控除の対象になる介護サービス費

確定申告の時期が近づいてまいりました。(写真はうちの近所の税務署) 介護にかかった費用も医療費控除の対象になるものがあります。 自己負担分が10万円または合計所得金額の5%(消費税

続きを読む

混合介護解禁のニュースに今さら感

新聞で、「混合介護解禁 東京・豊島区で」というニュースを読みまして驚きました。 パッと見て、混合医療の話かと思ったのです。混合介護なんて言葉は初めて聞きました。かいつまんでいえば、介護保

続きを読む

自分の親が介護状態になって思うこと

介護職として、お年寄りに接する時、お客様はすでに要介護状態です。 おかしげな人でも、最初っから、そういうキャラクターの人だと受け止めておれますが、自分の父親が、入退院を繰り返して、認知症

続きを読む

銀行預金を代理人が引き出す場合の手続き

この頃の金融機関は、本人確認が厳しくなっております。 お年寄りの詐欺被害も多いということもありましょうが、本当にお年寄りが銀行で用をこなせなくなって、代理の者がお金の引き出しに行くときは

続きを読む

ふるさと納税は年金受給者でもできます

ふるさと納税とは、納税という名前がついておりますが、寄付金です。 自分の住んでいない市町村であっても、寄付をすると特産物などの御礼品がいただけまして、寄附金額は自分の所得税住民税の控除になります

続きを読む

高齢者でも禁煙する意味はあるのか

いまや日本人の喫煙者は人口の3割を切ったということで、どんどんタバコを吸う人は追いつめられております。 孫にも嫌われます。 世間の風潮にそって、年寄りもたばこをやめるのが良いと思います

続きを読む

求人の条件 年齢制限は法律違反?

40歳も超えると、就職先はないよーといいますが、実は求人募集をする際は、年齢制限をつけることができません。雇用対策法という法律で決められております。 ハローワークはもちろん、求人募集誌の

続きを読む

介護休業法が改正されます。

介護休業の法律(育児・介護休業法)が来年(平成29年)改正されます。 一回のみ93日休めるという制度でしたけど、来年から3回に分割できるようになります。 要介護度2以上だったのが、

続きを読む

定年退職後の再就職

定年退職おめでとうございます。長らくのお勤めご苦労様でした。 身体をいたわりつつ、悠々自適で、セカンドライフを楽しみましょう! とはいえ、不労所得の資産を持たない人、扶養してくれそうな

続きを読む

老人ホームの探し方

介護療養型医療施設で入院中の父が、退院することになりました。 週4回のリハビリが効いてきたのか、起き上がって歩けるようになってきて、食事もわりと普通の食事が摂れるようになってきたのですね

続きを読む

ひきこもり息子の国民年金は猶予できます

国民年金の支払を滞納しておりましたら、係の人が家までやって来ました。 わおー、家まで取り立てに来よった、サラ金か! と思ったら、ちがいまして、免除の方法を教えに来てくれたんです。 以前

続きを読む

病気は死から身体を守っている

病気には、ならないほうがいいですが、病気になるのも意味があります。 たとえば、風邪を引いて咳が出て熱が出ているという状態は、病原菌を身体から追い出したり、高熱でやっつけようという体の防衛作用

続きを読む

寝たきりの父が喜ぶ父の日のプレゼント

父の日のギフトって、毎年困りますね。母の日はカーネーションを贈るという風習ががありますが、父の日は、特に決まりがないですし。 定番は、お酒やグルメ、ネクタイや財布というところですが、私の父は

続きを読む

30年一括借上はどうなのか?

資産活用とか、相続対策のために、土地活用しましょう、マンションを建てましょう、入居者募集はマンションを建てる不動産屋がやります、30年は一括借り上げして家賃は保証します。 という新聞広告を見

続きを読む

介護殺人の悲劇を起こさないために

長年に渡る介護生活に疲れ果て、お金もなくなり、頼れる人もなく、将来に希望もなくなり、生きていても辛いだけ、となると誰にでも介護殺人事件は起こりえます。 介護生活が長引くと、社会との交流も

続きを読む