自分の親が介護状態になって思うこと

介護職として、お年寄りに接する時、お客様はすでに要介護状態です。 おかしげな人でも、最初っから、そういうキャラクターの人だと受け止めておれますが、自分の父親が、入退院を繰り返して、認知症の症状も出てくるようになると、お客さんとは違った思いが湧いてまいります。 認知症の親の介護 認知症になってくると、わがまま、ええかっこしい、おこりんぼ、わからずや、だだっこ、といった難儀な

続きを読む

銀行預金を代理人が引き出す場合の手続き

この頃の金融機関は、本人確認が厳しくなっております。 お年寄りの詐欺被害も多いということもありましょうが、本当にお年寄りが銀行で用をこなせなくなって、代理の者がお金の引き出しに行くときは困ってしまいます。 なんどか、窓口で喚き散らしているオッサンを見たことがありますが、あれはボケた年寄りの金を勝手に使い込もうとしている、ドラ息子でしょう。 そんなのが増えてきたら、銀行も警

続きを読む

ふるさと納税は年金受給者でもできます

ふるさと納税とは、納税という名前がついておりますが、寄付金です。 自分の住んでいない市町村であっても、寄付をすると特産物などの御礼品がいただけまして、寄附金額は自分の所得税住民税の控除になります。 ふるさと納税という名前ですが、故郷どころか縁もゆかりもない地域でもOKです。御礼品で選ぶのがお得でしょう。 ふるさと納税の限度額 確定申告で寄付金控除の申告をすると住

続きを読む

高齢者でも禁煙する意味はあるのか

いまや日本人の喫煙者は人口の3割を切ったということで、どんどんタバコを吸う人は追いつめられております。 孫にも嫌われます。 世間の風潮にそって、年寄りもたばこをやめるのが良いと思います。 >>終煙ガイドブック 高齢者の喫煙とリスク 70歳や80歳になって、禁煙もなかろう、という反論もあると思いますけど、タバコ一本吸うと、寿命は5分30秒縮むといわれております。 あと

続きを読む

求人の条件 年齢制限は法律違反?

40歳も超えると、就職先はないよーといいますが、実は求人募集をする際は、年齢制限をつけることができません。雇用対策法という法律で決められております。 ハローワークはもちろん、求人募集誌の広告掲載でも同じです。 男性のみ、女性のみという条件も、原則的に禁止です。 それなら、定年退職後も就職のチャンスが! と思うと、そう甘くもないですね。 求人の年齢制限の例外事由 例外は

続きを読む

介護休業法が改正されます。

介護休業の法律(育児・介護休業法)が来年(平成29年)改正されます。 一回のみ93日休めるという制度でしたけど、来年から3回に分割できるようになります。 要介護度2以上だったのが、要支援から、と要件も緩和。 介護休暇は1日単位から半日単位に。残業の免除や、労働時間の短縮の措置も見直されました。 休業中に受け取れる介護休業給付金はお給料の40%から67%にアップ!

続きを読む

定年退職後の再就職

定年退職おめでとうございます。長らくのお勤めご苦労様でした。 身体をいたわりつつ、悠々自適で、セカンドライフを楽しみましょう! とはいえ、不労所得の資産を持たない人、扶養してくれそうな頼もしい子供がいない人は、今後は年金と貯金だけが頼りということになります。 夫婦二人で平穏無事に平均寿命まで生きていくには、年金以外に3000万円の蓄えが必要とシミュレーションされています。

続きを読む

老人ホームの探し方

介護療養型医療施設で入院中の父が、退院することになりました。 週4回のリハビリが効いてきたのか、起き上がって歩けるようになってきて、食事もわりと普通の食事が摂れるようになってきたのですね。 顔色も良くなってきて、意思の疎通というか、辻褄の合った会話ができるようになりました。 入院前まで務めていた民生委員のアンケートにも、記入できるようになってきて、よかったよかった。

続きを読む

ひきこもり息子の国民年金は猶予できます

国民年金の支払を滞納しておりましたら、係の人が家までやって来ました。 わおー、家まで取り立てに来よった、サラ金か! と思ったら、ちがいまして、免除の方法を教えに来てくれたんです。 以前、たいへん貧乏生活をしていた時、国民年金免除の期間がありましたんですけど、多少収入が増えて、免除が打ち切られて、納付書を貯めてしまってたんです。 先月、半年分をまとめて払いおわって、また次のぶん

続きを読む

トランクルームを活用して趣味三昧の老後を楽しもう

トランクルームを、うちの近所でもよく見かけるようになってきました。 トランクルームというのは、コンテナを、月5,000円とかのお手軽な費用でレンタルして、荷物を置いておけるサービスです。小さい簡単な倉庫というイメージです。 田舎の広い一軒家で、子どもたちも出て行って年寄り夫婦がふたり、なんて暮らしなら、トランクルームなどまるっきり不要でしょうが、東京や大阪など都会の手狭

続きを読む

介護士の求人はハローワークより求人サイトがおすすめ

介護士、ホームヘルパーさん方が、職場を探すときに一番よく利用するのが、ハローワークと求人情報誌でしょう。 しかし、ハローワークを利用したことがある人はご存じと思いますが、応募前に事業所の細かい情報はよくわかりません。 ハローワークの資料には、法令で定められた項目が羅列されているだけです。 変則的勤務が多いの訪問介護のヘルパーさんの雇用条件は、事業所としても確定した書き方ができない

続きを読む

病気は死から身体を守っている

病気には、ならないほうがいいですが、病気になるのも意味があります。 たとえば、風邪を引いて咳が出て熱が出ているという状態は、病原菌を身体から追い出したり、高熱でやっつけようという体の防衛作用です。 咳も出ず熱も出なければ、菌は体の中で増殖して、人は死んじゃいます。 糖尿病になると足が壊死したり失明したりしますけど、これも身体の端っこの方から機能不全にしていって、心臓とか脳みそ

続きを読む

寝たきりの父が喜ぶ父の日のプレゼント

父の日のギフトって、毎年困りますね。母の日はカーネーションを贈るという風習ががありますが、父の日は、特に決まりがないですし。 定番は、お酒やグルメ、ネクタイや財布というところですが、私の父は、介護療養型医療施設にて入院中。誤嚥の恐れがありますので、食べ物の持込みはダメだし、酒はもっての外です。 去年までは、日本酒の珍しいのと決めておったのですが…。 ネットで入院している父母へ

続きを読む

悪質商法かと思ったら消費者ホットライン188に電話を

ドロボーは110番、火事救急は119番ですけど、188番というのもあります。 188番は「消費者ホットライン」です。詐欺まがいの悪質商法や、製品事故などの相談窓口につないでくれるダイヤルです。 188は「いややー」と覚えておくと良いです。 健康食品とか、リフォームの押し売りセールスマンが来たら、188に電話したらいいです。詐欺かどうか教えてくれるでしょう。 相手が脅

続きを読む

30年一括借上はどうなのか?

資産活用とか、相続対策のために、土地活用しましょう、マンションを建てましょう、入居者募集はマンションを建てる不動産屋がやります、30年は一括借り上げして家賃は保証します。 という新聞広告を見たりしますが、どうなんでしょうね。 私の知っている、土地持ちのわりと資産家の、でも今ひとつ世間知らずの奥様が、銀行と不動産屋のコンビから、そんな提案を受けているという話をしておりまして、やめたほ

続きを読む

介護殺人の悲劇を起こさないために

長年に渡る介護生活に疲れ果て、お金もなくなり、頼れる人もなく、将来に希望もなくなり、生きていても辛いだけ、となると誰にでも介護殺人事件は起こりえます。 介護生活が長引くと、社会との交流もなくなって、ものすごく狭い範囲でしか物事を考えられなくなります。できることはもうない、と、寝たきりや認知症の親、もしくは配偶者、もしくは子を殺して、自分も死のう、という考えに陥ってしまいます。

続きを読む

年寄りは上下でサイズ違いのトレーナーが欲しい

以前、近所のスーパーに父のトレーナーを買いに行ったことがあります。トレーナーというか、ジャージなんですけど、上下でセットになっているのです。 父は大人用おむつをしているので、ズボンのほうだけ少し大きいサイズにしたいという希望があったんですが、上下セットでしか売ってなくて、おばはんの店員には、方っぽだけ買われたら売りモンにならなくなる! と冷たくあしらわれました。 父には、上と下

続きを読む

介護療養型医療施設に転院した結果

誤嚥性肺炎のため救急病院にいきまして、しばし入院。点滴にて栄養をとっておりましたが、口からの食事はまだ摂れず。 という状態であっても、救急病院に長く入院しているわけには行かず、療養型の病院に移ったのであります。 うちの父親の話です。 介護療養型医療施設の費用 転院先の介護療養型医療施設は、医療保険でのフロアと、介護保険でのフロアがありまして、要介護認定を受けている父は、

続きを読む

介護療養型医療施設とは

在宅介護の仕事に携わっていた私には、あまりなじみがなかったのが、介護療養型医療施設です。療養病床とも言います。 私の父親が肺炎で緊急入院したのが、総合病院です。 そちらの治療により、肺炎菌はなんとかなったみたいなのですが、まだ自宅で生活できる状態ではありません。 そこで、勧められたのが介護療養型医療施設への転院です。 こちらは基本的には病院でありますが、外来

続きを読む

高齢者の肺炎はわかりにくいのです

肺炎といえば、風邪をこじらしてなるものというイメージですが、高齢者の場合はそうとも限りません。 私の77歳の父親も、前日まで普通にしていたのに、なんだかグッタリしていると思ったら、肺炎でした。 高齢者の肺炎は、発熱や咳、痰などの症状が出ないことも多く、わかりにくいようです。お年寄りは熱が上がりにくく、反応が鈍いのですね、 元気が無い、食欲が無いという状態からでも、いきなり

続きを読む