認知症の親が契約していたインターネットの契約を解約

父が介護施設に入所して、実家ではだれもインターネットの利用をしなくなりました。 私は使いますが、実家にはそんな毎日行くわけでもないし、自前のモバイルルーターも持っているし、iPhoneでデザリングもできますので、実家にはネット環境不要です。 母が、全くネットを利用しないので、父のクレジットカード明細に記載されている「ワイモバイル」の字を見て、これはなんや、いらんもんは解約して! と

続きを読む

医療費控除の対象になる介護サービス費

確定申告の時期が近づいてまいりました。(写真はうちの近所の税務署) 介護にかかった費用も医療費控除の対象になるものがあります。 自己負担分が10万円または合計所得金額の5%(消費税も含む)を超える金額で、上限200万円が医療費控除の対象となります。 2割負担の世帯なら単純に考えると控除も2倍になるというわけで、忘れていると損します。 サラリーマン世帯なら還付金があり

続きを読む

掃除機の紹介 高齢者には軽量コードレスのスティックハンディタイプがおすすめ

私の実家で母が愛用している掃除機が、とうとう壊れました。 使っていたのは、電気のプラグを伸ばしてコンセントに差し込んで、ホースが長くて、紙パックにゴミが溜まるタイプの掃除機です。もう10年以上使ってたみたいです。 それで、母と一緒に、新しい掃除機を買いに、電気屋さんに行きました。 電気屋さんに行けば色々ありますねー。ダイソンの吸引力が強力なのとか、ハウスダストを吸い込むと

続きを読む

混合介護解禁のニュースに今さら感

新聞で、「混合介護解禁 東京・豊島区で」というニュースを読みまして驚きました。 パッと見て、混合医療の話かと思ったのです。混合介護なんて言葉は初めて聞きました。かいつまんでいえば、介護保険サービスと介護保険外サービスを一緒に提供してもOKになるという話のようです。 ほう、ついに解禁か、と思ったんじゃなくて、えーっ、アカンかったの??というのが感想です。 私が介護事業をして

続きを読む

自分の親が介護状態になって思うこと

介護職として、お年寄りに接する時、お客様はすでに要介護状態です。 おかしげな人でも、最初っから、そういうキャラクターの人だと受け止めておれますが、自分の父親が、入退院を繰り返して、認知症の症状も出てくるようになると、お客さんとは違った思いが湧いてまいります。 認知症の親の介護 認知症になってくると、わがまま、ええかっこしい、おこりんぼ、わからずや、だだっこ、といった難儀な

続きを読む

銀行預金を代理人が引き出す場合の手続き

この頃の金融機関は、本人確認が厳しくなっております。 お年寄りの詐欺被害も多いということもありましょうが、本当にお年寄りが銀行で用をこなせなくなって、代理の者がお金の引き出しに行くときは困ってしまいます。 なんどか、窓口で喚き散らしているオッサンを見たことがありますが、あれはボケた年寄りの金を勝手に使い込もうとしている、ドラ息子でしょう。 そんなのが増えてきたら、銀行も警

続きを読む

ふるさと納税は年金受給者でもできます

ふるさと納税とは、納税という名前がついておりますが、寄付金です。 自分の住んでいない市町村であっても、寄付をすると特産物などの御礼品がいただけまして、寄附金額は自分の所得税住民税の控除になります。 ふるさと納税という名前ですが、故郷どころか縁もゆかりもない地域でもOKです。御礼品で選ぶのがお得でしょう。 ふるさと納税の限度額 確定申告で寄付金控除の申告をすると住

続きを読む

高齢者でも禁煙する意味はあるのか

いまや日本人の喫煙者は人口の3割を切ったということで、どんどんタバコを吸う人は追いつめられております。 孫にも嫌われます。 世間の風潮にそって、年寄りもたばこをやめるのが良いと思います。 >>終煙ガイドブック 高齢者の喫煙とリスク 70歳や80歳になって、禁煙もなかろう、という反論もあると思いますけど、タバコ一本吸うと、寿命は5分30秒縮むといわれております。 あと

続きを読む

求人の条件 年齢制限は法律違反?

40歳も超えると、就職先はないよーといいますが、実は求人募集をする際は、年齢制限をつけることができません。雇用対策法という法律で決められております。 ハローワークはもちろん、求人募集誌の広告掲載でも同じです。 男性のみ、女性のみという条件も、原則的に禁止です。 それなら、定年退職後も就職のチャンスが! と思うと、そう甘くもないですね。 求人の年齢制限の例外事由 例外は

続きを読む

介護休業法が改正されます。

介護休業の法律(育児・介護休業法)が来年(平成29年)改正されます。 一回のみ93日休めるという制度でしたけど、来年から3回に分割できるようになります。 要介護度2以上だったのが、要支援から、と要件も緩和。 介護休暇は1日単位から半日単位に。残業の免除や、労働時間の短縮の措置も見直されました。 休業中に受け取れる介護休業給付金はお給料の40%から67%にアップ!

続きを読む

定年退職後の再就職

定年退職おめでとうございます。長らくのお勤めご苦労様でした。 身体をいたわりつつ、悠々自適で、セカンドライフを楽しみましょう! とはいえ、不労所得の資産を持たない人、扶養してくれそうな頼もしい子供がいない人は、今後は年金と貯金だけが頼りということになります。 夫婦二人で平穏無事に平均寿命まで生きていくには、年金以外に3000万円の蓄えが必要とシミュレーションされています。

続きを読む

老人ホームの探し方

介護療養型医療施設で入院中の父が、退院することになりました。 週4回のリハビリが効いてきたのか、起き上がって歩けるようになってきて、食事もわりと普通の食事が摂れるようになってきたのですね。 顔色も良くなってきて、意思の疎通というか、辻褄の合った会話ができるようになりました。 入院前まで務めていた民生委員のアンケートにも、記入できるようになってきて、よかったよかった。

続きを読む

ひきこもり息子の国民年金は猶予できます

国民年金の支払を滞納しておりましたら、係の人が家までやって来ました。 わおー、家まで取り立てに来よった、サラ金か! と思ったら、ちがいまして、免除の方法を教えに来てくれたんです。 以前、たいへん貧乏生活をしていた時、国民年金免除の期間がありましたんですけど、多少収入が増えて、免除が打ち切られて、納付書を貯めてしまってたんです。 先月、半年分をまとめて払いおわって、また次のぶん

続きを読む

トランクルームを活用して趣味三昧の老後を楽しもう

トランクルームを、うちの近所でもよく見かけるようになってきました。 トランクルームというのは、コンテナを、月5,000円とかのお手軽な費用でレンタルして、荷物を置いておけるサービスです。小さい簡単な倉庫というイメージです。 田舎の広い一軒家で、子どもたちも出て行って年寄り夫婦がふたり、なんて暮らしなら、トランクルームなどまるっきり不要でしょうが、東京や大阪など都会の手狭

続きを読む

介護士の求人はハローワークより求人サイトがおすすめ

介護士、ホームヘルパーさん方が、職場を探すときに一番よく利用するのが、ハローワークと求人情報誌でしょう。 しかし、ハローワークを利用したことがある人はご存じと思いますが、応募前に事業所の細かい情報はよくわかりません。 ハローワークの資料には、法令で定められた項目が羅列されているだけです。 変則的勤務が多いの訪問介護のヘルパーさんの雇用条件は、事業所としても確定した書き方ができない

続きを読む