大人の塗り絵趣味 コロリアージュでストレス解消

フランス生まれの大人の塗り絵が大人気

047大人の塗り絵ときいて、妙なことを想像してドキドキする男性陣もありましょうが、世界的にブームになっているのが、コロリアージュ(coloriages)というフランス生まれの塗り絵です。

幾何学的な花柄模様や、動物や風景など、とにかく線の多い図案に、好きな色を塗っていくというものです。

子どもの塗り絵がアンパンマンだとか、アナ雪だとか、元の色合いの見本があるのに比べて(子どもは無視しますが)、コロリアージュには色見本がありません。

自分の感性で、自由に色を塗ればよいのですね。線の中を均一に塗ってもいいしグラディエーションにして濃淡をつけてもいいし、決まりもないです。

なにもない白い紙に元絵から書いていくのと違って、あらかじめ素敵な図案がいろいろ用意されていますから、絵心がなくてもそれなりに素敵な絵になります。

ひみつの花園  花いっぱいのぬりえブック
ジョハンナ・バスフォード
グラフィック社
売り上げランキング: 434

コロリアージュはストレス解消の効果も

高齢者趣味に絵画もいいですが、いままでまったく絵も描いたこともないという人なら、塗り絵から始めるのも楽しいです。デイサービスのレクリエーションに取り入れているところもありますね。

細い先の中に色を付けるなんて、ガサツな人からすると、キーッとなってイライラしそうな気もしますが、実はストレス解消に役立つそうです。もともと就業率の高いフランスの女性のストレス解消に取り入れられたのだとか。アートセラピーの一種なのです。

これは色を付けることに集中して無心になれるからなのです。よく、ストレスを感じている人が、紙に鉛筆でグリグリグリグリ、丸や三角を書いていることがありますが、手を動かして意味のない図形を書いていくのは、ストレスの解放になるのですね。

できあがるのが、一面真っ黒の不気味な絵柄でなく、カラフルで美しい模様のほうが、より効果があるような気はします。気持ちも晴れやかになることでしょう。

一日3分でもストレス発散になるということです。肩がこらない程度に楽しむのが良いと思います。

コメントを残す