その症状、認知症ではないかも

医者が誤診する認知症でない症状があるようです。

0-42

誤診されたケースは1年間に3,500人もあるようです。実はうつ病だったのに、認知症だと診断されて薬で副作用があったり。

薬の副作用による物忘れも、認知症と見分けにくいようです。問診だけではわからないのですね。

かかった病院や医院によって、そこの先生の専門に引きずり込まれる傾向はあるんじゃないかなと思っております。

精神科や心療内科にいけば、同じ症状でも問診だけであっさりうつ病にされるかもしれません。

薬は違いますのでコワイことです。

ほかにも見分けのつきにくい症状としては、せん妄や精神障害、脳腫瘍や慢性硬膜下血腫など脳の病気、甲状腺機能異常、何かの中毒など、いろいろあります。

正しく診察されるためには、血液検査や認知機能を確認する検査、脳の画像検査を受けることが望ましいです。

かかりつけ医がどうも怪しいなと思ったら、セカンドオピニオンを受けてみるのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す