人間ドッグで健康診断

退職後の健康診断

人間ドッグって、会社員の間に受けることって、あんまりないですね。会社勤めでしたら、毎年職場で健康診断を受けることができますが、退職後や独立後は、健康診断は自らすすんで受けないとなりません。

私のかつての職場の先輩で、50代で早期退職し、自分でお店を始めた人がおられました。意気揚々と第二の人生を歩みだしたその2年後に、すい臓がんで亡くなられました。

退職直前の健康診断で、なにか影のようなものが…と言われていたんですが、まったく放置していたのですね。

まだまだこれから、という時に、ずいぶん無念なことだったと思います。

40代50代であれば、職場や市町村でおこなわれる、とおりいっぺんのレントゲン・心電図・血液検査だけでなく、胃カメラや大腸検査など、上から下まで徹底的に検査してもらうのもいいんじゃないかと思います。女性なら、乳がん検診や子宮がん検診もですね。

脳ドック・PET検査(がん検診)など、健診の全てをオンラインで受け付ける事ができる予約サイトもあります。

>>人間ドック・検診予約
 ↑
医療施設やプラン選びに困った時はコンシェルジュが365日電話対応。

人間ドッグのおすすめ

検査を受けたら病気になる、という意見もあって、それは私の介護職経験の中でも一理あるな、と思うところもあるんですが、実際、70歳、80歳の人は、もういいだろう、という気がしないでもないんですが、まだまだ現役という人は、やっぱり健康診断を受けるべきだとおもうのです。

おとしよりは、そのうち悪いところも出てきますので、そのときに他もまとめてみてもらえばいいんじゃないかと思いますし、がんの進行も緩やかです。

それよりも、一見どこも悪くない健康体の人ほど、人間ドッグで検査をしてもらうべきと思います。

早期発見すれば、対策が打てます。即手術、ではないとしても、いろんな情報を早くから集めることができ、生活改善などベストを尽くせると思うのです。知らなければ、なにも考えることもなく、気づいた時には手遅れです。

たまには人間ドッグで、仕事のことを忘れて、身も心も穏やかにまかせてみましょう。何も異常がなければそれはそれで安心を買ったと思えます。

>>人間ドック・検診予約

コメントを残す