高齢者のマナー

高齢者はマナーが悪い?

0-15お年寄りといえば、いつもニコニコ好々爺か、子どもを怒鳴りつける頑固爺、やさしいおばあちゃんか、凛とした貴婦人というのが、あるべき姿ではないかと思ってます。

いずれにしても、年の功で社会常識や知恵があり、親しまれているか畏れられているかにしても、次世代の模範であるべき尊敬されるべき存在ですね。

しかし、このごろは世間ではどうも高齢者のマナーが気にされているようで。

あるアンケートによると、高齢男性と中年女性は、人目をはばからない言動が多いと思われているようです。20代から64歳までの150人ほどに聞いたアンケートということですので、統計というほどの数でもないでしょうが、どうでしょうね。

高齢者はあつかましく、図々しくなるってことでしょうか。TPOをわきまえないということでしょうか。人目をはばからず、よその子どもを怒鳴りつけるジジイ、なんてのは少なくなっているように思うのですが。

(中年女性はなんとなく納得ですが、ここではテーマにしません。)

このアンケートでの「高齢者」は60歳以上ということでした。60くらいの男性といえば、社会的に成功しているか、リストラにあっているか、傲慢になっているか、やけっぱちか。そんなイメージではないでしょうかね。

60すぎくらいだと、まだ現役世代なので、70歳くらいのところで、もう一区切り作ったほうが良いような感じもします。70オーバーで人目をはばからなくなった場合は、認知症の可能性があります。

マナーの低下は脳の衰えか?

私が高齢者のマナーということで気になることって、特にないんです。マナーというのは、それまでの習慣や教育の現れだと思っておりまして、おかしなことをしていたとしても、そういう人生を歩んできた人なんだな、と思うだけです。

今の高齢者って、団塊の世代なんだから、いろんな人がいて当然。

人を思いやるとか、雰囲気を大切にするという、人間性とか心遣いもマナーにあらわれるでしょうが、これは世代に関係ないと思います。

ただ、年をとると、わがままになっていくなあということを感じることはあります。自分本位になる、客観的な目線を失っていく、そういう傾向はあるのではなかろうか、と思います。

相手の立場になる、というのは一種、高度な頭脳の働きです。動物にはできないことでしょう。(飼い主の立場に立つ犬、とかいるかもしれませんが。)

やっぱり脳が衰えていくと、そういう人間だけが持っている、高度な部分から失われていくのかもしれません。

身内の人がわがままになってきたら、脳が衰えてきたんだと、気遣いたいものです。どうにもコントロールできないところですので、怒ったり嘆いたりしても仕方がありません。できる人が合わせるしかないですね。

コメントを残す