高齢者運転マークは義務? つけないと違反になるの?

s_mark自動車に貼る高齢運転者マーク(高齢運転者標識)は、以前の枯葉マークから、四つ葉のクローバーみたいなデザインに変わっています。平成23年に変更になったのですが、あんまり見かけないような気もします。

実は高齢運転者マークは、はらなくても罰則はありません。(初心者マークは貼らないと罰則があります。)

対象となるのは「普通自動車を運転することができる免許を受けた、年齢が70歳以上の人で、加齢に伴って生ずる身体機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがある人」で、「表示するように努めてください」ということになっています。(警視庁のホームページより)

いわゆる努力義務ですね。身体能力の衰えを素直に認められない人には、受け入れがたいマークであろう、という気はします。

しかし、つけてもらったほうが、他の運転者に注意をうながすことになるので良いですね。マークを見たら、無理に追い抜く、などという野蛮なドライバーもいるかとは思いますが、大方の善良なドライバーは注意して運転してくれると思うのです。

実は、高齢運転マークを付けたクルマの、周りを走るドライバーには罰則があります。

「上記の表示対象者がそれぞれ対応する標識(マーク)を表示して普通自動車を運転しているときは、危険防止のためやむを得ない場合を除き、進行している当該車両へ「側方に幅寄せ」や「割込み」をした場合には、道路交通法違反になります。」

○ 反則金 大型車(中型車を含む) 7,000円 普通車・二輪車 6,000円 小型特殊 5,000円
○ 行政処分点数 1点

つまり高齢運転者マークを付けることで、法的に保護されるんですよね。(実際に取り締まるのは難しいと思いますが。)

しかし、このことって、意外と知られていないような気もします。運転免許の更新の時の講習会で習いましたっけ? 記憶に無いんですが、寝てたんかな…

高齢運転者だけが知っていても意味がないので、もっと広く啓蒙しなければいけませんね。

 

コメントを残す