金の買取 売りどきはいつ?

金は、株や投資信託と同じように投資の対象ですが、株と違って、そんなに大きく値上がりしたり値下がりしたりではないので、売買で儲けるというより、ちょっとづつ積立てて資産を作っていくというかんじですね。

金のいいところは、長期的に相場が上がって儲けが出るということもありますが、現物を持つことができることです。大量なら金の延べ棒、少量なら装飾品、アクセサリーですね。

現金以外の資産を持っておくことの意味は、リスク分散です。

考えにくいことですが、日本経済が破綻して、円が紙くずになったとしても、金は国を超え世界を超え時代を超えて通用します。いざというときのために資産の一部を金にしておくというわけです。政治経済の不安定な海外のセレブは、資産は金や宝石で持って逃げるといいます。

とはいっても、金のまま大量に持っていても、配当があるわけでもなく、賃貸できるわけでもありませんので、いざというときのリスク分散以上に持っていても、あんまり意味がないですね。

貴重な資源を独り占めしているだけですし、あんまりたくさんあると、相続の時に相続税ががっぽりかかってしまいます。

というわけで、老境に近くなって、まだ日本経済が破綻しなさそうなら、金はお金に替えて、自分の生活や楽しみに使ってしまうのがいいんじゃないかと思います。

金やプラチナの買取は、あちこちで買取のお店も増えていますが、価格と相場がいちばん高いところで売却するのがいいですね。

>>金やプラチナなど、アクセサリーの買取。

コメントを残す