加齢臭対策で孫に好かれるおじいちゃんおばあちゃんに

年をとったら体臭も年寄り臭くなります。

これは生理現象なのでしかたがないことだと思われがちですが、原因があります。

加齢臭の原因は、ノネナールというものです。皮脂腺から出る脂肪酸(パルミトレイン酸)が酸化したり表皮のバクテリアによって醗酵してできる物質で、特に襟元にたまりやすいとのこと。

水に溶けにくく、少々洗ったくらいではとれず、悪臭のもとになるようですね。

 

酒タバコ、口臭や脇の臭いなども混じると、複合的に悪臭となりますし、生活習慣や偏食によってメタボ臭がしたり高血圧、肝機能、免疫機能低下など内蔵が悪くて疲労臭が混じったりということも、ニオイのもとになるようです。

対策としては、よく体を洗うことです。耳の裏やえり足、首の後ろ、肩、背中のあたりが臭いの発生源ですので、良い石鹸を使って丁寧に洗いましょう。

>>柿渋石鹸

 

洗濯もしっかりして、消臭シャツなどを着るのもいいでしょう。

しかし、クサイニオイは元から絶たなきゃダメ、という格言もあるように、ニオイのもとを絶たずに対処療法ばかりでは、いつまでもイタチごっこです。

香水など下手に使うと、匂いが混ざり合って余計にひどい匂いになります。

 

根本的な対策としては、食生活を、肉を減らして野菜中心にするのは良いようです。特に午前中は排泄の時間にできるように、野菜や果物だけにすると胃腸の調子が良くなります。

食べ過ぎは良くないですね。酒タバコも程々にしましょう。タバコの臭いは、非喫煙者にとっては、結構な匂いです。

運動して汗を流すこともお勧めです。血流が良くなり代謝が活発になり、老廃物を体から取り除く事ができます。

乳酸がたまるような無理な運動ではなく、心拍数が適度に高まる程度の運動がいいようです。「適度」というのは年令によっても違いますが、腕時計型のハートレートモニターをつけると運動しながら確認することができます。

 

加齢臭を予防するためのサプリメントもあります。バラの香りが人気のようですがね。

良い香りに慣れば、お孫さんも、擦り寄ってくれるかもしれませんね。

>>加齢臭対策にも。クリスタル・ローズ

 

 

3 Responses to “加齢臭対策で孫に好かれるおじいちゃんおばあちゃんに”

    • 加齢臭の年齢ですが、最近は、ニンニクをバンバン食ってますので、ニンニクの香りで加齢臭に打ち勝つようにしております。

      加齢臭に関しては、最近違った見解を持っておりますので、新しい記事を書く予定です。

コメントを残す