不要品にも価値がある。捨てる前にチェック!

訪問介護サービスをスタートする前に、まずは大掃除、ということはよくありました。

独居のお年寄りのおたくには、ほぼゴミ屋敷、というのが結構あります。トラック何台分も、ゴミ処理センターに運んだものでした。

いちいち分別していたら時間がかかってしょうがないので、値打ちがありそうなものもまとめてゴミ処理場の奈落の底に放り込んでいたのですけど、これはもしかしていい値段で売れるんじゃないかなあ~なんて思いながら捨てたものもあります。

本人は、すっぱり捨ててくれ! という希望でしたので、すっぱり気持ちよく捨てましたが、後で調べて、あ、ええ値段してる!と気づいて後悔したこともあります。

遺品整理屋さんは、まさにそういった品物をお金に替えて利益にしています。単に処分の手数料だけでは、やっていけません。捨ててくれと言われたものを勝手に売ったら問題ですが、これだけまとめて買い取りますとか、引き取ったものの処分は、まかせていただきますということにしておけばよいですね。

十把一からげに引き取ってもらって、部屋が綺麗になりさえばいい、という無欲な人はそれでいいと思いますが、今後の介護生活もお金がかかることですし、少しでも自宅に眠っていたお宝をお金にするには、高額で買取りしてくれるところに査定してもらうのがおすすめです。

ヒマと意欲があれば、ヤフオクなど、インターネットで直販すれば、さらに高く売れることもあります。パソコンに強い人ならチャレンジしてみるとおもしろいですよ。ただし、落札者とのやり取りや、梱包配送など、けっこう手間です。

買取なら箱に入れて取りに来てもらうだけですから楽です。ブランド品など、金目になりそうなものがあるなら、まとめて箱に詰めて取りに来てもらうサービスが手っ取り早いです。

>>不要品を3日で金にする【ブランディア】

>>古銭・記念硬貨の高価買取はこちら

>>着なくなった着物の売却はこちら

>>パソコンを安全に処分する

スピーカーを鳴らしながら回ってくる軽トラックの業者にまとめてだすと、あまりお金にならないというか、処理代を取られることもあります。

家具とか古い電化製品は、骨董品になるくらい古くならないと、お金にはなりにくいですね。

>>骨董品の買い取りならのおすすめ

昔、祖母の古いドイツ製のミシンを大型ゴミで捨ててしまったことがありまして、すごく後悔しております。値打ち物を捨てるのは、お金にならないからもったいないというだけでなくって、物自体の命を粗末にしていることでもありますから、きちんと生かしてあげたいものです。

コメントを残す