介護の人手不足を外国人で補うことについての意見

ただいま、日本でも移民を受け入れようという政府の動きがあります。

人手不足を解消するためだということですけど、外国人に来てもらったら、人手不足が解消して、国が豊かになるのか? とは、ちょっとどうなんだろうと思っております。

本当に人手不足なのか?

私の知っている製造業の会社では、ベトナム人を何人か入れて、うまくいっている例があります。日本人と同じように、朝礼の司会からさせるという、徹底した教育を実施していて、素晴らしいと思います。

が、これ、製造業だからうまくいったのじゃなかろうかという気もします。

介護の場合、人とのコミニュケーションが主な業務内容であり、日本語がたどたどしいようでは、無理があるなあと思っております。

以前にも書きましたけど、中南米出身の女性が面接に来たことがあります。陽気なのは良かったのですが、ガサツでアバウトで、二次面接をすっぽかしたので採用しませんでしたが、雇わなくて正解だったように思います。

ルールを守るとか、日本の年寄りを怒らせないとか、ラテン系には難しいですよ。たぶん。

それができるのなら、わざわざ日本に来て、お給料の少ない介護職を選ばずとも、お国の日本企業にでも応募したほうがいいように思います。

人手不足の原因は給料が安いから

介護職のなり手がいないという原因は、汚いとかキツイもありますが、お給料が少ないというのが一番大きい理由だと思います。

キツイとか汚いなら、看護師もそうですね。しかし、お給料が全然違います。

介護専業では食っていけません。自活も結婚もできません。他の業種で通用する能力があるなら、そっちへ流れます。

介護報酬があがって、お給料も増えれば、なり手はもっといるはずです。介護という仕事自体は好きだという人はおられますし。

資格要件でいえば就業のハードルは低いです。年齢制限もありませんし、学歴も問いませんし。

日本国の経済事情により、介護報酬はあげられない、だから、人材不足、だから、賃金の安い外国人を移民させて、働かせよう、という考え方では、奴隷を入れようという発想と同じじゃなかろうと思うのです。

一方、外国人を就業させるに当たって、日本人と同額、もしくはそれ以上のお給料を出すようにというお話もあります。

たしかに、安かろう悪かろうの人材では、仕事の質が下がるばかりです。業界の質も下がります。ひいては日本国の質も下がります。

現状のお給料でも、喜んでやってくる外国人で間に合わせようという、妥協的な計画では、将来うまくいかないと思いますねえ。

人材不足と言うけれど

日本の人口は1億2千万人くらいいるわけで、しかも、AIの活躍により、人間の仕事がどんどん奪われているわけで、なんで人手不足やねん、と、疑問なのです。

税理士や行政書士なんて言う仕事も、AIに取って代わられるという予想もあり、失業者がどんどん増えれば、働き手はいくらでも出てくるじゃないかと思うのです。

人間がすべき仕事は少なくなり、奪い合いになるはずなのに、外国人を受け入れてしまったら、仕事にあぶれた日本人はどうなるのだ、と思います。いやいや、同じ給料なら、気心の知れた日本人を使いますわ、という風潮になれば、こんどは日本に来てしまった外国人が仕事にあぶれるわけで、その人達が食っていくためにどうなるのか、これは考えると怖いですよ。

強制送還か、生活保護か、あるいは結託して国際色豊かな強盗団が跋扈するようになったりして、おちおち寝ていられなくなるかも?

移民を受け入れた国が、どうなっているのか、判断材料はいくらでもあるでしょうし、ちょっと考え直していただきたいなあと思います。

2 Responses to “介護の人手不足を外国人で補うことについての意見”

  1. 最低賃金も上がって困ってます。 人材不足は 仕事はあるけど給料安いとか嫌いな仕事でしないとかかなと思っています。

    • そこですねえ。日本人がみんな働けるように制度を考えるほうが先ですね。外国から応援を頼むのは、違うような気がします。

コメントを残す