自転車事故も警察への届けが必要です

0-67自転車に乗っていてぶつかったり、歩いていて自転車にぶつけられて転倒して怪我をしたりという時も、警察への届けは必要です。

自動車同士なら、バンパーを擦っただけでも警察に届けたりするものですが、自転車の場合、人同士がちょっとぶつかった、という程度の意識なのかもしれません。

しかし、自転車でも重症を負うことはあります。そのときは平気でも、後から症状が出てくることもあります。

賠償を求めたり保険を使おうとしても、警察への届けを怠っていると、どうにもならない場合があります。

加害者であろうと被害者であろうと、なあなあで済ませるべきではありません。高齢者の場合、7割の人が通報していないようです。その時怪我をしているかどうか不明でも、警察には通報しましょう。その場では示談しないことです。当て逃げなどもってのほかです。

世知辛いようですが、のちのちのためにきっちり手続きを踏みましょう。自転車事故は人身事故だという認識を持ちましょう。

ちなみに通報は、110番です。スマホを持っているなら、現場写真もとっておくと良いです。

コメントを残す