インフルエンザの予防に次亜塩素酸水

011

介護施設などの除菌消臭、ノロウイルスの感染予防に、次亜塩素酸水が使われることが増えてきました。

塩水を電気分解して作られるのが次亜塩素酸です。人体由来の免疫成分でもあります。次亜塩素酸水というのは、塩水を電気分解してできる塩化物イオンと塩素ガスが水と反応して作られるものです。

以前より、ノロウィルスの除去に効果があるとされていて介護現場でも人気のあった次亜塩素酸ナトリウムとは成分が違いますが、次亜塩素酸水もノロウイルスの除去に役立ちます。

次亜塩素酸ナトリウムは、キッチンハイターなど、除菌消臭もできる漂白剤の成分です。強烈な臭がして、酸性タイプの台所洗剤などに混ざると、有害な塩素ガスが発生します。「混ぜるな危険!」と容器に書いてありますね。

次亜塩素酸水は似たような名前ですが別物です。次亜塩素酸ナトリウムみたいに、吸うと気を失うとか、皮膚が溶けるとか、そんな危険はありません。

次亜塩素酸水は医薬品ではないので、法律上、手指の消毒やうがいなどの体に直接触れる用途で効果を明言できないのですけど、弱酸性次亜塩素酸水は食品添加物としても使われる安全なものです。

 

病院で使われるアルコール消毒液は、ノロウイルスには効果がありません。私はアルコールの匂いは好きですけど、雑菌の消毒のために部屋中に充満させるわけにもいかないですね。

次亜塩素酸水を加湿器に入れて、部屋に充満させてウイルスの増殖を予防している施設はあります。デイサービスでは欠席者が減ったという話も聞きました。

次亜塩素酸水は、ややプールの消毒液のような塩素の香りはありますが、空気中に放出されるとすぐに分解されて、何も匂いがしなくなります。消臭効果は高く、おむつの匂いや、加齢臭、タバコ臭なども、素早く消えます。

 

除菌消臭といえば、ファブリーズが有名で私も愛用していましたが、人工的な臭いがするのと、使用後ベタベタするのがやっかいです。中身は、第四級アンモニウム塩系の成分に合成香料が含まれている化学物質です。

消臭というより、匂いで匂いをごまかすような感じがしますね。松岡修造のでているコマーシャルは好きですが・・・

 

 

私のおすすめは、弱アルカリ性の「タンパク分解型除菌水ピュアックウォーター」という製品です。こちらはタンパク分解型です。

 

DSCF3749

 

ウイルスの中でもインフルエンザは、菌がバイオフイルムというタンパクの膜で保護されており、弱酸性に抵抗力があるので、一般的な次亜塩素酸水では効果が弱いです。

ピュアックウォーターはタンパクを分解するので、ほとんどの細菌・カビ・ウィルス(肝炎ウィルス・ノロウィルス・HIV・MRSA・インフルエンザウィルス・O-157・他)を除菌できます。

 

業務用5リットルが7,800円(送料500円。セット注文で単価が安くなります。)。2倍~10倍に希釈してスプレーしたり、加湿器に入れて使えます。

サンプル(5リットル)は4,800円。送料無料です。

 

問い合わせ先
有限会社ジー・アウトフィッター(ネット通販してません)→  tatsuno@g-outfitter.com(メール)

コメントを残す