透析患者の痒みをやわらげるガンマ-リノレン酸

糖尿病からくる腎不全で人工透析を受ける人は、痒みに苦しむことがあります。アトピー性皮膚炎のかゆみと違ってステロイドも効きません。

透析の学会では、ガンマーリノレン酸が痒みに効くという発表があります。腎不全の患者さんや、アトピー性皮膚炎の患者さんに実験して有効だったということです。

異常な白血球が、痒みを伝える物質を出しっぱなしにしているのが痒みの原因だそうで、ガンマーリノレン酸が白血球や赤血球を改善するんだそうです。

ガンマ(γ)-リノレン酸というのは、大豆とか菜種油などに含まれるリノール酸が、体の中で代謝されてできる物質で、組織や細胞の機能を正常に維持する働きのある重要な物質です。

体の調子が悪いと、体内でうまく作られなくなるんですが、ガンマーリノレン酸は、母乳やごく一部の植物にしか含まれていないので、普通の食事では体に取り入れることはできないんですね。

それで、ガンマーリノレン酸が入ったサプリメントが現在作られています。医薬の特許も取っているという「イッチノン」という健康補助食品です。

微生物による発酵法で量産化されたガンマーリノレン酸と、ビタミンEを含む製品です。

毎日痒みに耐えかねている人は、試してみると楽になるかもしれません。

>>イッチノン(栄養補助食品)

痒み止めとしてだけでなく、人の体に不可欠なガンマーリノレン酸がしっかり摂れますので、基礎代謝をあげたり、細胞を改善したり、元気になったり、いろいろいいみたいです。

コメントを残す