高齢者にタブレットを。アップルが500万台提供。

アップルとIBMが日本郵政の実験に参加。

0-20アップルとIBMが日本郵政グループが行う、タブレットをつかった高齢者サポートの実証実験に参加するということのようですね。

まずは郵便局の社員が実験台になるようで、そちらにアップルが iPadと iCloud等クラウドサービスを提供し、IBMが IBM MobileFirst for iOSプラットフォーム等クラウドサービスや専用のアプリを提供するようです。

2020年までに段階的に増やして、500万台提供するということで、太っ腹です。しかし、高齢者向けの情報通信技術の需要は、今後間違いなく伸びていくものと思われますので、今のうちにタダでも実験に参加しておけば、成功の暁には大きくシェアを確保できると見込んでいるのでしょう。日本でうまく行けば、世界にも広げられますし。

日本郵政グループによる高齢者サポート実証実験

実験の内容としては、5つ考えられているとのこと。

情報通信技術の利活用を併用した「みまもりサービス」。これはセコムなどの警備会社も既に始めているようなものでしょうか。

親世代向け・子世代向けの「コミュニケーションサービス」。ラインなどでやりとりしている親子はいますが、もっと安全なものがよいですね。

自宅での申込みによる「買い物支援サービス」。通販をもっときめ細やかにということでしょうか。

自治体と連携した「地域情報サービス」。これはホームページを見なさいというものではなく、自治体側から積極的にお知らせするようなシステムが望ましいですね。

各種相談サービス。どんな相談も同じ窓口から応対できるというのがいいと思います。なんの相談は、どこに? って迷いますものね。

コメントを残す