ヒートショックの予防に暖房を

ヒートショックとは、さむ~い冬にお風呂に入る時、温度差で血圧が急激に変化し、ショックで死んでしまうというものです。

心筋梗塞になるのです。

交通事故の3倍多いんだとか。

若者はどうっていうこともないでしょうが、高齢者には命取りです。

 

お風呂に入る前には、浴室は温めておきましょう。

エアコンがあればいいですが、ない場合はシャワーで温水をお風呂の床にぶちまけて、湯気で一杯にしておくのが良いですね。

更衣室も寒いのはいけません。服を脱いだ時に、ううー寒っ! というのが良くないのです。

エアコンなり、ヒーターなりで更衣室の温度も上げておくのが良いです。

 

また、風呂があつすぎるのも心臓に負担があります。42度以下に抑えましょう。

お酒を飲んで入浴するのも危険です。

 

コメントを残す