ふるさと納税は年金受給者でもできます

ふるさと納税とは、納税という名前がついておりますが、寄付金です。

自分の住んでいない市町村であっても、寄付をすると特産物などの御礼品がいただけまして、寄附金額は自分の所得税住民税の控除になります。

ふるさと納税という名前ですが、故郷どころか縁もゆかりもない地域でもOKです。御礼品で選ぶのがお得でしょう。

ふるさと納税 さとふる

 

ふるさと納税の限度額

確定申告で寄付金控除の申告をすると住民税の控除になりますが、寄附金額のまるまる全部が控除になるわけではなく、寄附金控除限度額があります。

限度額以内におさえておけば、寄附金額と納税額の軽減の差、実質2000円の負担です。地方の名物などの、2000円以上のお値打ち品がいただけるわけです。

寄付金という趣旨で考えると、限度額以内におさえて、2000円でいいもんもらおう、という根性はいかがなものかという気がしないでもないですが、地方活性化のために十分お役に立ちますので、どんどん活用しましょう。

深く考えもないままに、自分の住む市町村に税金を徴収されているより、社会に関われるような気もいたします。

限度額は、年金受給者の場合は、年金収入から公的な年金控除などの金額を差し引いた金額の30%が目安です。

家賃収入があるとか、他の収入がある場合はかわってまいります。

>>控除シミュレーションはこちらでできます

コメントを残す