永代供養とは

 

 

0-83

永代供養は、お墓を作らない供養の方法です。

言葉の意味だけで言えば、子々孫々まで永代にわたってご供養していくんだということになりますが、お寺さんの業界では、元の意味から派生して、家族に代わってお寺や霊園がまとめて責任を持ってご供養しましょうという意味になっています。

お墓は、合同墓、合祀墓、共同墓、合葬墓、集合墓、合葬式納骨堂などとよばれる、他の人といっしょに入るお墓ということになります。
永代供養は、お盆やお彼岸、月命日に合同供養を行ってくれます。

 


スポンサーリンク

永代供養の費用

最初に一式料金を払えば、ずーっと供養してくれるお寺や、年間管理料が必要な霊園など、様々な料金体系があります。5万円から100万円くらいまでの幅がありますが、いずれにせよ、お墓を新たに作ることに比べると、非常に安く済みます。

お墓を新たに作る費用がなかったり、祀ってくれる人がいなかったり、元のお墓が遠方でお参りできないので、そちらを墓じまいにして永代供養をしてもらうということもあります。先祖から付き合いのあったお寺と縁を切りたいから、ということもあるようです。

お葬式もお墓も簡素化している昨今、お墓の管理もろくにしてくれないのに、なんだかんだと寄付金が必要だったりする檀家制度にあぐらをかいているお寺さんに苦痛を感じている人も多いのですね。

檀家制度というのは、江戸時代に戸籍を管理するためにできた行政上の仕組みみたいなもので、今となってはたいした意味は無いのです。離檀は違法でも契約違反でもありません。嫌ならかわりましょう。

永代供養だからといって、お参りにいけなくなるわけではないです。往復の交通費に10万円かかるような田舎の山奥に大きなお墓を作って、久しぶりにお参りしたら草ボーボーでお墓を探すのに1時間かかった、というようなことより、一心寺や四天王寺といった、お参りしやすい都会にあるお寺で永代供養してもらったほうが、先祖も喜ぶのではないでしょうか。

まあ、ご先祖様の気持ちはわかりませんけど、お祀りする側の気持ちからすると、永代供養のほうが心休まるような気がしますね。

 

コメントを残す