定年から始める英会話

私の父親は77歳ですが英語の勉強をしています。英語が上達するとかいう類の本を、散歩の途中にある本屋で次々と買ってきては積んでいっております。

dscf6160-2015_12_31-11_47_54-utc

外国の豪華客船に乗るのも夢だそうで、ロバートキヨサキのスピーチのCDなど聞いたりもしていますね。船の旅とロバートキヨサキはあんまり関係ないような気もするのですが、新しいことを学びたいという意欲には、感心してしまいます。

定年後の英語学習

特にお仕事などでは英語を使うこともなかった方が、定年されたり、引退してから英語の勉強しようというきっかけはなんでしょう。色いろあると思うのですが、こんな希望が多いようです。

●海外旅行に行って英語で話がしたい。
●海外の映画やドラマを字幕なしで聞き取りたい。
●英語の本を原書で読みたい。
●道に迷っている金髪美女を助けたい。

いずれにしても新しいことにチャレンジするのは、すばらしいことですね!

英会話リスニングを聞き流しで

かつて日本の学校で行われていた英語の学習は、主に読み書きでした。単語と文法を覚えて、意味を日本語に訳したり、文章を組み立てたり、いわば学問としての学習です。

ヒアリングや、スピーキングはあまり重要視されておらず、その結果、外人とコミュニケーションが取れない、使えない英語になっておりました。

よくわからない文書を解読するのが好きな学者気質な人はそれでもいいと思いますが、てっとりばやく外人と話をしたい場合は、あまり役に立ちません。文字を読めても発音や抑揚、単語のつながり方がわからないと、聞いても文字につながらないんです。逆に言えば、話をするだけなら、字が読めなくてもいいんですね。

最近は聞き流すだけで、英語が聞き取れるようになれるという教材が人気です。子供が最初に言葉を覚えるやり方と同じなので、一生懸命辞書を引きながら解読するというようなこともなく、聞いているうちに意味がわかるようになってくるのですね。

インターネットでオンライン英会話レッスン

また、インターネットを通じて、英語圏の先生と英会話を実際にやってみるという教室も増えています。実際に話すことになりますので、頭をフル回転させることになるでしょう。日本語と英語では脳の使う部分が違うといいますし、認知症の防止には最適かもしれません。

近くに英会話教室があれば通ってみるのも、仲間も増えて楽しいです。お友達ができれば海外旅行に行く機会も増えるかもしれませんね。

フィリピンへの語学留学

思い切った手段になりますが、海外留学という方法もあります。日本からの移住者も多いフィリピンでの語学留学はいかがでしょう。

ネイティブ講師とマンツーマンの指導は、上達スピードが全然違います。フィリピンの先生は親日的で、非ネイティブの学習者に教えるのが上手です。

フィリピンは、年中暖かで、日本との時差も1時間だけ。医療も充実していて、日本の健康保険を後から適用できますので、過ごしやすいです。

物価はおよそ日本の3分の1、留学費用も安いです。4週間留学でも授業料・宿泊・食事・飛行機代含めて30万程から。食事込の学校もあります。

>>フィリピン留学講座

2 Responses to “定年から始める英会話”

  1. 私はもうすぐ85歳になります。英会話を習い始めてもう20年近くなりました。英会話へ行くときはおしゃれをして出かけます、おしゃれは認知症予防になるように思えるからです、独断と偏見ですがおしゃれをしている人はあまり惚けない気がします。

    • 香川様、コメントありがとうございます!

      85歳で英会話の学習、すばらしいですね!
      45歳の私は本当に頭がさがる思いです。

      私の父親は78歳なんですけど、英会話にはいってますが、おしゃれに無頓着で、なんだかボケてきております。

      若いときはけっこうダンディーだったみたいなんですがねー。

      たぶん英会話の先生が、男性だからだと思います。金髪美女の先生なら、おしゃれもしようってものだと思うんですが。

      先生は陽気な黒人男性でして、私の4歳の娘はよろこんで英語で話してます。もう、おじいちゃんの英会話能力を超えておりますねー。

      やっぱり、楽しむ気持ちというのは、大切ですね!

      香川様も、おしゃれと英会話をたのしんで、いつまでも若々しくお過ごしください!

      おしゃれについての記事はこちらにも書いておりますので、読んでいただければウレシイです。
       ↓
      http://koreishakai.com/oshare.html

コメントを残す