仏壇のお洗濯 ビフォー・アフター

以前書きました「仏壇のお洗濯・クリーニング」の続きです。→前回の記事

魂抜きを済ませて仏壇を持って行ってもらって、およそ2週間。

洗浄されて仏壇が帰ってまいりました。仏壇屋さんの、新品の部品に交換する修理ではなくて、分解してのクリーニングです。

テレビ番組のルソンの壺、がっちりマンデー!!などでも取り上げられていた仏壇の泡洗浄です。

butudanafter

(ビフォー)

butudanchouban

(左が洗浄前。右が洗浄後)

蝶番ももともとのものを綺麗にしてくれます。新品だと、穴の位置が違ったりして、仏壇に穴を開けないといけなくなったりするため。

butudanami

(戸の網の部分。右が綺麗になったもの。)

DSCF8402

設置されてまだ中身を入れていない状態。奥の金紙のみ新品。他は洗浄して、透明のコーティングが施されています。

DSCF8405

DSCF8410

掛け軸は、ボロボロになっていたということで、新品になりました。

DSCF8415

お鈴もピカピカに。

DSCF8421

綺麗になりました!

最初に他の仏壇店で聞いていた最低価格の30万円以下でお洗濯してくれました。

 

今回お願いしたのは、

仏具・仏壇・洗浄・修理 有限会社 来光堂さんでした。

(大阪府南河内郡河南町大宝 0721-93-5076)

ブログ「高齢社会の生き方」を見た、といってもらえば、話が早いかも。

 

仏壇をいつまでもきれいにしていくコツは、ろうそくや線香は手前において、あまり煤が入らないようにすること、欄間など細かいところは、柔らかい筆でホコリを落とすこと、ピカピカしているところは素手であんまり触らないことです。

丁寧に使えば、何十年でも使えるのですね。

 

 

コメントを残す