空き家管理士という資格

0-48

世の中の変化に応じて新しい職業は出てくるもので、空き家管理士という資格ができたそうです。

一般社団法人空き家管理士協会というのがあり、「空き家管理の社会的役割と事業者の質の向上、業界の認知度の向上を目指すために空き家管理士の認定とともに空き家管理に関する情報や資料の提供、空き家管理に関する調査研究や研修の実施、啓発や後方活動を通して業界を牽引していく」ということです。

空き家対策特別措置法ができ、倒壊しそうな空家は撤去しないといけないということになりましたが、倒壊のおそれのない状態で保つことができれば、よいわけです。

いずれ有効活用できればいいな、というその日が来るまで、空き家管理業者が月に1回は巡回して、換気したり、水道を流したり、傷みをチェックしたり、傷まないようにするためのサービスが始まっています。

新たな商売は、ルールやシステムができるまでトラブルがつきものですから、勉強や研修の機会があるのはよいですね。

民間資格なので、なくてはできないというものでもないでしょうが、空き家管理を始めようという人は資格を持っておくのも良いのではないでしょうか。

 

コメントを残す