悪質商法かと思ったら消費者ホットライン188に電話を

025

ドロボーは110番、火事救急は119番ですけど、188番というのもあります。

188番は「消費者ホットライン」です。詐欺まがいの悪質商法や、製品事故などの相談窓口につないでくれるダイヤルです。

188は「いややー」と覚えておくと良いです。

健康食品とか、リフォームの押し売りセールスマンが来たら、188に電話したらいいです。詐欺かどうか教えてくれるでしょう。

相手が脅したり強引なことをしてきたら、これはもう110番で警察の出番です。詐欺も恐喝も犯罪ですから。オレオレ詐欺も110番です。

なんとなく言いくるめられて、商品を買わされたりリフォームの契約をされてしまったけど、どうしよう、というときに、188が良いですね。クーリングオフとか契約解除とかの方法も教えてくれます。

平成27年の7月から消費者ホットラインは始まっているんですけど、まだあんまり知られていないようです。一人暮らしで生活に不安な高齢の方々、ぜひ知っておいてください。

ちなみに、118番は海の事故の時にかける番号ですので、お間違えのありませんように。

コメントを残す