高齢者の不倫と浮気

0-93

おじいさん、おばあさんになれば、枯れて性欲がなくなるかといえばそんなこともなくって、たとえ認知症だろうが、人間の本能である性欲はなくならないものです。(可能か不能かは別として)

日本人は、慎ましやかなので、世界的に見ると夫婦の性生活は控えめということです。認知症になって本能が出てきたりするのは、介護に携わる人はよくご存知でしょう。

性欲は、ある方が健全です。夫婦は慎んでいないで、もっと励むほうが良いと思います。健全な性生活がある方が夫婦円満なのではないでしょうか。フランスとかギリシャなんかだと、老いてもなお盛んで、毎日円満だそうですね。

70代でも浮気

夫婦円満なら良いのですが、夫婦間の外で性欲を発揮するお年寄りが増えているとのことです。金持ちジジイが若い愛人を囲っているというものではなくって、お年寄り同士の不倫・浮気です。

きょうび60代では、お年寄りとは言いがたいですね。70代80代でもバリバリということもあるようです。

趣味のサークルやボランティア活動などで出会ったのがきっかけというような話をよく聞きますね。

ラブホテル業界も、お年寄りをターゲットにしてきたようで、休憩時間も2時間では少ないので、朝から夕方までの10時間とか、部屋は和室で手すりつき、カラオケは昭和歌謡BGMなど、工夫をこらしているそうです。

しかし不倫に至るには、夫婦仲に問題がある場合が多いです。妻に拒否されて20年とか、旦那は酒ばっかりで妻と話もしないとか、そんな不満があったわけです。

やさしい他の人に惹かれてしまうのもしかたがないかもしれません。

>>浮気診断シュミレーター

不倫のリスク

もう人生の終着点も見えてきた時点での浮気や不倫は、バレた時が大変です。もう子供も独立しているでしょうし、愛情も薄れているでしょうから、即離婚を選択されます。

財産分与と慰謝料はがっぽりとれます。年金も財産分与の一つとみなされます。

不倫と相続

何もかも捨てて新しい愛に生きる、という決意がなければ、不倫や浮気はやめといたほうがいいでしょう。

おたがいパートナーと死に別れていて再婚ならば問題がないかといえば、相続の問題が発生しますので、資産がある場合は、子供の猛烈な反対があるかもしれません。

無理に再婚しても夫がなくなった途端に、夫の子どもたちから籍を抜かれたという例もありました。

気持よく再婚するためには、生前贈与で財産を子供に分けてしまうのがいいと思います。それで、おつきあいをやめる、というような相手なら愛は本物ではなかったということでしょう。

親子の縁を切ってでもパートナーとすべてを分かち合いたい場合は、遺言を作っておくことが大切です。法的にややこしいので、弁護士や司法書士など、専門家に依頼して抜け漏れのない遺言を作成してもらうのがよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする