定年後の趣味ランキング

0-75

趣味にランキングをつけるのいうのは、なかなか難しいですねー。というか、ナンセンス。

「お金がかからない」「健康やボケ防止にいい」「社会に関われる」というのが人気のようですが、人それぞれですね。

旅行・絵画・音楽・工作・写真・鉄道・パソコン・パズル・コレクション・ゲーム・飼育・菜園・盆栽・釣り・スポーツ・アウトドア

いろいろありますが、今までの人生経験も無視できません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

経験のあるものがおすすめ

今までの人生経験があった上での趣味選びとなるでしょうから、学生のクラブ活動以上に、いろんな選択肢があると思うんです。

他にしている人がいるんだろうか、というようなニッチな趣味でも、現代はインターネット社会ですから、きっとだれか同好の士が見つかるでしょう。

ただ、貯金も僅かなのに、お金のかかる自動車の趣味に走ったり、家庭を壊してもキャバクラ通いに熱心になったりするのは、いかがなものか? という気はします。

生きがいにはなるかもしれないですが、幸せな老後から離れていってしまう可能性があります。できるのならば家族にも喜んでもらえるような趣味がいいでしょう。

奥様にも喜んでもらうなら、旅行趣味はいいですね。二人で山歩きをして温泉なんて、よいですよ。熟年離婚も免れることでしょう。(たぶん)

写真で思い出も残せますし。

といって、家族に理解されないから趣味はやめておく、というのは残念。アマチュア無線なんて、なかなか理解されないでしょうし。

家族に気遣いながらも、ある程度は我が道を貫く覚悟も必要ですね。

>>置き場に困ったときに読む記事

定年になる前に趣味を始めましょう

定年退職してから趣味をみつけるというのでは、その道の深いところまで辿りつけない可能性があります。

年をとってから楽器を始めても、なかなか上達しませんね。楽器はある程度はできないと楽しめない世界です。

学生時代にまあまあやっていたとか、会社のメンバーでたまにバンド活動をしていた、という人が、引退して時間ができたところでガッツリやるというのはいいですが、まるきり初心者から始めると、なかなか初心者レベルからレベルアップしにくいです。

それはそれで楽しいんですが、ハイレベルなところで楽しむつもりなら、定年退職になるまでに、ぼちぼち始めておくのがお勧めです。

仕事をしながら趣味も持つと、職業人としても、ものの見方が広がって、いい効果が出るかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク